なぜ、緊張してしまうの? 催眠療法

無意識の習慣の形成について    ~福岡催眠療法所~

なぜ、特定の場面になると、手足がふるえてきたり、声がつまったり、呼吸が苦しくなったりと、あがり症の特徴が行動となり出てしまうのでしょうか?




それを解くには、無意識の習慣の形成について考える必要があります。




ある情報に対する特定の反応を考える間もなく、肉体的または感情的に繰り返していると、それはイメージとつながって定着してきます。




あらゆる経験が脳の大脳皮質にきざまれているのです。




大脳皮質は神経をとおして伝達される情報の受信場所です。受信した情報を行動へと変換する役割を担っています。




ある体験が繰り返されるたびにその刷り込みが強化されるので、その体験はさらに来る返されやすくなります。こうして、考え方やふるまい方は、反復によって習慣となるのです。




催眠療法では系統的脱感作という技法を催眠中にもちいて、この無意識の習慣を解いていきます。新しい行動習慣を大脳皮質にインプットしていく作業です。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつも人と比べてしまう。 それは、他人と比べることによって、自分自身を保っている状態だといえるでしょう。だから、自分軸が他人にゆだねられている状態です。 時は止まってはくれません。自分の生活やお金、人生、考え方を豊かにしていくためには、自分自身の時間を一心に生きるしかないのです。だから、目の前のことに一心に集中する時間を一日のうちのほんの少しで良いので持つようにしましょう。 うつ病 あがり症 人間

自分らしさ。それは自分の好き嫌いに正直であり、ものごとにとらわれないことです。他人の言動、期待には目もくれず、自分がうれしい、たのしい、ワクワクすると思った道をすすむことです。 うつ病、不登校、あがり症、人間関係恐怖症など、心の相談なら福岡催眠療法所